スポンサーリンク

《大江戸温泉物語・鬼怒川観光ホテル》お部屋と温泉を紹介するよ!【前編】

はーい、人生ポジティブ化計画

略してじんぽじツナ子だよ~!

 

花粉症が本格化してきて目が痒すぎで

本当に困ってる!いい天気なのに洗濯物を外に干せないっ!

誰か杉をなんとかしてっ!(泣)

 

さて、今日は大江戸温泉物語・鬼怒川観光ホテルをレポートしていくよ。

  

超お得なツアーを多数掲載!ニーズツアー

 

 

前回は御朱印帳鳴龍について書いていったよ。

日光東照宮の後編はこちらからどーぞ!

 

大江戸温泉物語・鬼怒川観光ホテルの基本情報

まずは大江戸温泉物語・鬼怒川観光ホテルの基本情報のチェック!

2020年2月現在の情報だよ。

変更等あるかもしれないから、

行く場合は公式サイトもチェックしてね。

 

〇TEL:0570‐031126
〇住所:〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2
〇アクセス:・日光宇都宮道路今市IC下車30分
      ・東北自動車道矢板IC下車50分
      ・東武鬼怒川温泉駅 徒歩15分
〇往復直行バス: 有り(要電話予約)一部無料
    JR上野駅・東京都庁地下駐車場発、
    TX流山おおたかの森駅・JR松戸駅、
    所沢駅・JR大宮駅
〇駐車場:200台 無料
〇宿泊 チェックイン 15:00
    チェックアウト 10:00
〇夕食バイキング 18:00~20:30(最終入場19:30)
    ※混雑時 17:00~20:30(最終入場19:30)
〇朝食バイキング 7:00~9:00(最終入場8:30)
    ※混雑時 6:45~9:00(最終入場8:30)
〇大浴場
【大浴場】PM12:00~AM1:00 / AM5:30~AM9:30
【露天風呂】PM12:00~PM11:00 / AM6:00~AM9:30
【サウナ】PM12:00~PM10:00 / AM6:00~AM9:30
     毎週火・水は13:00~です
〇貸切風呂 9:00~最終受付23:00
      ※50分制/4名定員/3,000円(税別)

〇日帰り入浴 PM12:00~PM8:00
       毎週火・水は13:00~です

ちなみ日光東照宮から鬼怒川観光ホテルまで

車で30分くらい。

 

【ゆめやど】(平日が圧倒的お得な宿泊予約サイト)

 

 

 

鬼怒川観光ホテルへGO!

日光東照宮の参拝を終えて車で移動。

16時半を過ぎてだんだん暗くなってきた!

 

お邪魔します、とちぎ!

鬼怒川観光ホテルに着いたあたりで

17時前くらい。

薄暗くて寒いけど、雪はなし。

 

実はツナ子たち、大江戸温泉物語グループのホテルを

いくつか利用してたのですっごく楽しみにしてたのね。

 

だから「大江戸温泉物語」の文字を探しながら

行ったんだけど…。全くなーい!!

「絶対この辺りなのに…。」って不安になりまくり。

 

よくよく見たら「鬼怒川観光ホテル」と書いてある

古めかしい大きなホテルが。

え、でも「大江戸温泉物語」って書いてないし…。

 

新幹線+宿泊セットプラン

 

ドキドキしながらエントランスに居た人に聞いて

ここが宿泊するホテルだと分かった。

え、まじ?ここ…?

 

たぶん昔からあるホテルを買い取って

リニューアルオープンしたホテルなんだろうなー。

 

早速ホテル内へ

暗かったせいか想像より古めかしくて

テンションが下がりつつホテル内へ。

 

ロビーは広々していてきれい。一安心。

チェックインの時にフロントマンが赤ペンを使って

情報をきっちり教えてくれて好感が持てる。

温泉は男女とも地下二階

個人的には少し栃木訛りがあるのも素敵。

旅にきた~!って感じ。

 

フロントの反対側に小さい子供用のあそび場が!

公式HPより

下の子がこのキッズスペースに行きたがったけど、

ツナ子が「先に温泉に行こうよ!」と誘うと

乗り気で部屋へ向かってくれたよ。

 

エレベーター前に《浴衣コーナー》があって

好きな柄の浴衣が選べる。

大江戸温泉物語グループではおなじみのスタイル。

試着できる浴衣が吊るってあるので

サイズ感もばっちり把握できるよ。

 

三者三様の好み(左から男性用、子供用、女性用)

 

 

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

 

お部屋へ

泊まったのは「最上階鬼怒川側 和洋室 A」というお部屋だよ。

広くていい感じ

 

和室が小上がりになっていて、

部屋の中へ靴で入っていける。

こじゃれてる~!

畳がきれいだから、家具がちょっと古くても気にならない。

 

ウォーターサーバーがあるのもいい!

衛生的だし、お湯がすぐ出るから即お茶が飲める~!

(ポットで自分で沸かすのってめんどくさいよね?)

 

ベッド。柔らかめ。

夫は腰が悪いのでベッド必須なのだ。

 

素敵なお部屋

外観でテンション下がってたけど、部屋がいい感じで

持ち直したツナ子。(現金!)

 

日光土産といえばコレ!

よく見たらなんと!

テーブルの上に「銘菓きぬの清流」があった!

入浴前に血糖値をあげておこうとパクつくツナ子。

うん、美味ー!いつも通り美味ー!有名なだけあるよね!

中のアンコが甘すぎなくていいのよ~。

この小豆の粒感がいいのよね

あまりに美味しそうに食べるツナ子を見て

アンコ嫌いの子供たちが「きぬの清流」を欲しがる。

そうよね、子どもたちは食べたことないもんね。

 

まぁ、お試しで。(残したら私が食べる。むふふ。)

と食べさせたら二人ともアンコ嫌いのはずなのに

パックパクで食べて 一瞬でなくなってしまった…。

嗚呼。

 

さらに夫の分まで下の子によって食べられてしまった。

嗚呼。

売店に売ってるってさ…。

 

気を取り直して、お部屋チェックに戻ろう。

トイレはリフォーム済み。温水温便座完備。
洗面所も今どきな感じ

 

化粧落としはなかった。注意。

シャワーキャップ、ヘアブラシ、歯ブラシ、コットンがあった。

ふ、古めかしい。

清潔感はあったけど、かなり古いお風呂。

大浴場に行くから構わないけどね~。

 

 

独自浸透型FGF配合【スリエ】

 

いよいよ大浴場へ

旅の醍醐味と言えばやっぱり大浴場!温泉!

名湯を求めて山奥まで訪れる人が絶えなかったと言われる、開湯250年の鬼怒川温泉。
アルカリ性単純泉で、お肌に優しい滑らかな泉質で美肌の湯としても知られています。

鬼怒川観光ホテルHPより          

美肌の湯といえば、アラサー女子の大好物(じゅるり)!

バスタオルとフェイスタオルは部屋に

備え付けてあるから忘れずに持っていこう。

 

もちろん写真は撮れないので

公式HPから拝借。

岩風呂大浴場(男女) (公式HPより)

この大浴場、本当にひろーい!!!

お湯が熱めだから長居はできないけど

すっごく気持ちよかった!!

 

大浴場にはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔料、ピーリングジェルはあるけど、化粧落としはないから注意!

脱衣所には化粧水、乳液、美容液(複数)、流さないヘアトリートメントなどなんでもあるのに化粧落としはなし。

なぜこんなに至れり尽くせりなのに

化粧落としだけないんだ…?

 

半露天風呂へ

露天風呂は一回岩風呂大浴場を出て、

脱衣所を歩いて向かうよ。

元から分かりやすい位置にあるのはもちろん

足ふきマットが大浴場から露天風呂まで

敷き詰めてあるから迷わないはず。

 

女性半露天風呂(公式HPより)

大浴場でだいぶ温まったにも関わらず

冬なのでめちゃ寒い…!!

しかし、その寒さに耐えて露天風呂に入ったら

極楽~!(フゥ~!!)」

雰囲気もすっごく素敵。しっぽり。

 

洗い場はないので、大浴場で綺麗になってから

半露天に向かってね。

(先にこっちに来ると寒いわ、洗えないわで地獄を見るわよ。)

 

女風呂の露天風呂だけ、屋根が付いてるんだって。

雪や雨が降ってきても髪が塗れずに済んで

本当にありがたいわ~!

 

“見た目を変える"化粧水

 

女湯の露天風呂には華厳の湯・お宮の湯・いろはの湯・眠り猫の湯の四つのお風呂があるよ。

ツナ子一番のおすすめ「眠り猫の湯」は

写真に写っていないから

旅行に行く人は是非楽しみにしてて~!

ちょっと面白いんだよなぁ。

 

長くなったので今日はここまで。後編に続く!

 

ツナ子のやる気スイッチにクリック!

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク